成分を知る

食事で女性ホルモンを増やす方法

なぜ年を重ねていくと、女性ホルモンの分泌が減ってしまうのでしょうか。女性ホルモンを増やす方法があったら、知りたいという方は多いのではないでしょうか。 そこで、食事など身近な食べ物で、女性ホルモンのバランスをよくする方法を考えていきましょう。 まず女性ホルモンを増やす方法として、卵や大豆食品、ナッツ類、バナナなどを食べるという方法があります。 ビタミンCと食物繊維以外の栄養素をすべて含むという、完全食の卵の良質なコレステロールが、女性ホルモンの分泌の材料になるのです。 大豆食品のイソフラボンは、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと同じような働きをすると言われています。 ナッツ類やかぼちゃ、アボカドにはビタミンEが豊富なので、ホルモン分泌をコントロールして、生殖機能を正常に保ってくれます。 バナナやマグロなどの魚類には、エストロゲンの代謝を助けてくれるビタミンB6が含まれています。 身近な食品ばかりなので、毎日の食事に取り入れて、女性ホルモンを増やしていきましょう。

おすすめのサプリメント

女性ホルモンを増やす方法は様々ありますが、更年期障害や生理不順などでお困りの方は、サプリメントがおすすめです。 女性特有の心や体の不調というのは、女性ホルモンのバランスがくずれたり、女性ホルモンの減少が原因と言われています。 更年期の症状を和らげる効果があるとされていて、注目を集めているのがプラセンタです。 またエストロゲンに似ている性質を持っており、ホルモンバランスの改善を助けるのが大豆イソフラボンです。更年期特有の症状の緩和に加えて、骨粗しょう症にも効果があります。 それからエストロゲンをたくさん含んでいるというザクロエキスのサプリメントもおすすめです。ザクロには、エストロゲンの中のエストロンとエストラジオールの含有量がとても豊富なのです。 ザクロが作り出しているこれらのエストロゲンは、人間の体で作られているエストロゲンとほぼ同じだといいます。 女性ホルモンを増やす方法としていくつか紹介しましたが、これらのサプリメントで補ってみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加