Menu

社員向けのサービス

コーヒーとキーボード

導入時の選び方

企業内においては、自動販売機を設置することで社員が飲み物を買いやすくしていることが多い。これらの自動販売機設置から一歩進めたサービスとしてあるのが、オフィスコーヒーの導入である。オフィスコーヒーでは、コーヒーの抽出マシンを導入し、淹れたてのコーヒーを社員に提供することができる。その為、缶コーヒーに比べ本格的なコーヒーを利用することができる。オフィスコーヒーを導入する際には、選ぶ際のポイントがある。そのポイントとして大きなものに、メンテナンスがある。オフィスコーヒーでは、通常、コーヒー粉や水の補充が必要であったり、定期的な清掃が必要になることが多い。特に、清掃が行われない場合、不衛生な状態になり易く健康被害が出る可能性もある。その為、オフィスコーヒーを導入する場合には、これらのメンテナンスが楽なものを導入することが重要である。オフィスコーヒーのサービスによっては、専門スタッフによるメンテナンスをしてもらえるものなどもある。これらを活用することで、社員がメンテナンスする必要が無くなりより利便性があがる。さらに、1杯当たりの料金も重要である。料金が高過ぎる場合には、コーヒー専門店のコーヒー利用される可能性が上がり、導入したオフィスコーヒーが利用されない可能性が有る。その為、1杯当たりの料金が適切な料金になるようなサービスを導入することも選ぶ際の基準になる。これらを満たすことで、社員へのサービス向上につなげられる。

Copyright© 2017 会社にコーヒーサーバーを置こう|作業効率がアップする All Rights Reserved.